ファッションカラー(おしゃれ染め)とグレイカラー(白髪染め)の違いとは?

カラー

こんにちは、

髪の魔法使い

沼上 元気です。

「最近白髪出てきたなー」

「でもまだ白髪染めはしたくないなー」

「明るさも暗くなりそうだし、なんとなく白髪染めって響きがなー」

って方結構いますよね?

ぶっちゃけ今の時代の白髪染めの薬剤おしゃれですよ!

カラーバリエーション豊富ですし、明るさも以前より明るめでも染まるし!

今回はグレイカラー(白髪染め)へのファーストステップを踏み出せるように解説していきましょう!

 

ファッションカラーとグレイカラー

僕も美容師じゃなかったら分かっていなかったと思いますが、普通のカラーと白髪染めの内容の違い。

なんとなく白髪が染まるかそれ以外かみたいな感覚であるような気がします。

それ以外にも違いがあるので見ていきましょう。

ファッションカラー(おしゃれ染め)

ファッションカラーのカラーチャートですね。

左は白い毛束に染めた物(どれくらいの色味なのか見るため)

右は地毛に染めた物(実際に染めたらどうなるのか見るため)

見た感じファッションカラーは鮮やかな色味っぽいですね。

 

グレイカラー(白髪染め)

グレイカラーのチャートですね。

なんだかファッションカラーに比べて落ち着いてるように見えますね。

ただ色味のバリエーションはありますね。

 

この2種類のカラー剤に優劣は無い

ファッションカラー

明るい髪色に染める場合

  • けっこうメラニン色素を破壊
  • 染料はやや弱め

暗めの髪色に染める場合

  • メラニン色素を破壊するブリーチ力弱め
  • 染料濃いめ

グレイカラー

明るい髪色に染める場合

  • メラニン色素を破壊
  • 黒髪も白髪も染まるように染料濃いめ
  • ファッションカラーよりは明るくならない

暗めの髪色に染める場合

  • ブリーチ力はかなり弱め
  • 染料かなり濃いめ

 

結局どちらのカラー剤がいいのか

残念ながらどちらのカラー剤も髪に負担はかかってしまいます。

判断基準として、

  1. 希望の色
  2. 明るさ
  3. 白髪の有無
  4. 今後のヘアスタイル

これらを基に担当の美容師さんと相談して決めるのが良いと思います。

しかし現在の髪の状態にもよるので、ケースバイケースで判断します。

 

結果おしゃれ染めも白髪染めもブリーチ力や染料の濃さが違うだけで同じカラー剤です!

美容師の使い方次第です!

白髪染めの選択は恥ずかしいことは何も無いので1、2本気になるだけでもご相談下さい!

 

沼上 元気

le jardin大船《ルジャルダン》

大船/鎌倉/戸塚/藤沢